就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

フリーターの就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 アルバイトの就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分がフリーターであり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。



まずはフリーター・未経験の就職に特化したジェイックを利用してみましょう。



ジェイック営業カレッジ⇒学歴・経験・スキル不要。熱意だけ必要。

ジェイックの営業カレッジは次のような特徴があります。



  • 既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象
  • 就職成功率80.3%
  • 書類選考なし
  • 未経験者が70%
  • 正社員求人100%
  • 面接相手は経営層
  • 利用は無料
  • 支援実績14,882名
  • 厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』


既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象

ジェイックの営業カレッジは既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象にしています。



営業カレッジと名前がついているように、紹介される求人は主に「正社員」の「営業職」になります。
僕の時には、事務職、技術職、カスタマーサポート、品質管理などの求人もありました。
もちろん全て正社員です。



就職成功率は研修に参加した人の80%です。



書類選考なしで経営者面接に進める

研修終了者は書類選考なしで直接最終面接(経営者面接)に進めるのが最大のメリット。



研修を乗り越えたということが、あなたのやる気を保証するものになるので、大学中退や無職・フリーターという書類選考の足を引っ張るものがあっても影響しなくなるのです。



ジェイック営業カレッジの利用は無料です

ジェイックの利用は全て無料です。
必要になるのは事務用品代、研修実施拠点までの交通費です。
(別途、スーツ一式が必要です。)



費用は一切請求されないので安心して利用することができます。
研修期間そのものは10日間ですが、その後面接に進むため、就職までに最長3ヶ月程度の時間を見ておくほうが安全です。
僕が参加したときにはアルバイトをやめて背水の陣の覚悟で臨んでいる人もいました。



厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』認定

ジェイックは厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』に認定されています。
TVや新聞で何度も取り上げられており、怪しげな企業ではないので安心して参加できます。

※もっと詳しいジェイックの評判はこちら↓↓↓
【ジェイック 営業カレッジ】悪い評判と良い評判。真実を暴露。



働いていると会社を辞めたいと思う瞬間は1回や2回では収まらない、
多くの人はそうではないでしょうか。
では、どんなときに「会社を辞めたい」と思うのでしょう。

・理不尽な仕事を要求されたとき

自分に落ち度がないのに、一方的に非難されたり
作業のやり直しを命令されることが日常的になると
辞めたいという気持ちが強まります。
パワハラと紙一重ですが、納得できないことが続くと我慢できないものです。

・人間関係でトラブルになったとき

人間関係でトラブルがあると出勤しても憂鬱な時間が続くので、
いっそのこと辞めてしまえばリセットできると考えてしまいます。
人間関係は一度こじれてしまうと、元に戻すのはまず不可能です。
関わりたくなくても仕事上で関わらざるを得ない状態は本当に辛いものです。

辞めたいと思うのはお金の面も大きく影響する

仕事をしていて満たされるものの1つはお給料をもらえることです。
しかしそのお金の面で納得できないことがあれば、いくら仕事が楽しくても
人間関係が良好でも辞めたくなるものです。

・残業代が支払われないとき

残業が多く毎日夜遅くまで仕事をしていても、殆どの残業代が支払われない。
いわゆるサービス残業が常態化すると、やめたくなるものです。
自分の能力が低くて残業しているわけでない場合は、尚更不満が募ります。
本来もらえるべきお金を貰えなければ、辞めたほうがましと考えるのも当然です。

・給料が殆ど上がらないとき

毎年確実に給料が上がるとは限りませんが、何年にもわたって給料のベースが
アップしないとなれば、その会社にいる意味は殆どなくなります。
「お金で働くのか!」とののしられようが、最終的にはお金です。
出し渋っているほうが偉そうにするなどありえません。
将来への展望も見えない会社にとどまる理由など無いでしょう。

女性が働きやすい職場は男性も働きやすい

女性が働きやすい職場は男性も働きやすいという言葉があります。
確かに女性にとって働きやすい=男性が働きにくいかというと、そうではありません。
女性が働きやすいとは、妊娠、出産、育児との両立にあると思いますので、
定時に帰りやすい仕事の割り振り方をしている言ったことが考えられます。

これらは男性にとっても働きやすい職場であることに違いはないでしょう。
ただ、女性が、男性がといったようなくくりで職場の改善をするのではなく、
皆が働きやすい職場を目指すのが一番いいでしょう。

男女は性差があり、肉体的な特徴の違いもあります。
これは否定できないことであり、その差を全て埋めることはできません。
だからこそ女性が~男性が~ではなく男女皆が~というのが理想です。

女性目線での職場改善をしすぎると男性が要らなくなる

しかし女性にとっての働きやすさを追求して職場改善をしすぎると、
逆に男性は不要な存在となりかねません。
女性にとって最も働きやすい職場になったのであれば、女性の社員が急増するでしょう。

そうなると男性にとっては逆に働きにくい職場になるとも言えます。
それは制度についてではなく、会社の空気や雰囲気です。
女性目線で職場改善をするのは、女性優遇につながる危険性があるとも言えるので、
男性にとっては100%歓迎することができなくなります。

職場というのは100人いたら100人ともが100%満足するような場所にはなりえません。
どこかに問題があるけれども、それでもよしとするのが集団社会というものです。
女性にとって働きやすいということを追求しすぎるのは、見えない部分で
男性を追い詰めることにもなるので、程度の問題だといえます。