就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

フリーターの就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 アルバイトの就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分がフリーターであり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。



まずはフリーター・未経験の就職に特化したジェイックを利用してみましょう。



ジェイック営業カレッジ⇒学歴・経験・スキル不要。熱意だけ必要。

ジェイックの営業カレッジは次のような特徴があります。



  • 既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象
  • 就職成功率80.3%
  • 書類選考なし
  • 未経験者が70%
  • 正社員求人100%
  • 面接相手は経営層
  • 利用は無料
  • 支援実績14,882名
  • 厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』


既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象

ジェイックの営業カレッジは既卒・第二新卒・大学中退・フリーターを対象にしています。



営業カレッジと名前がついているように、紹介される求人は主に「正社員」の「営業職」になります。
僕の時には、事務職、技術職、カスタマーサポート、品質管理などの求人もありました。
もちろん全て正社員です。



就職成功率は研修に参加した人の80%です。



書類選考なしで経営者面接に進める

研修終了者は書類選考なしで直接最終面接(経営者面接)に進めるのが最大のメリット。



研修を乗り越えたということが、あなたのやる気を保証するものになるので、大学中退や無職・フリーターという書類選考の足を引っ張るものがあっても影響しなくなるのです。



ジェイック営業カレッジの利用は無料です

ジェイックの利用は全て無料です。
必要になるのは事務用品代、研修実施拠点までの交通費です。
(別途、スーツ一式が必要です。)



費用は一切請求されないので安心して利用することができます。
研修期間そのものは10日間ですが、その後面接に進むため、就職までに最長3ヶ月程度の時間を見ておくほうが安全です。
僕が参加したときにはアルバイトをやめて背水の陣の覚悟で臨んでいる人もいました。



厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』認定

ジェイックは厚生労働省委託事業から『職業紹介優良事業者』に認定されています。
TVや新聞で何度も取り上げられており、怪しげな企業ではないので安心して参加できます。

※もっと詳しいジェイックの評判はこちら↓↓↓
【ジェイック 営業カレッジ】悪い評判と良い評判。真実を暴露。



結婚しても仕事を続ける「共働き」は2019年現在、当たり前の夫婦のスタイルとなっています。
結婚したからと言って専業主婦になる女性どんどん減っています。
そして女性も男性同様にキャリアを積み上げていくケースも当然増えてきています。

そんな時、悩んでしまうのがヒステリックな女上司の扱い方です。
仕事に男女の違いはない、とは言え
やっぱり男と女ではマネジメントスタイルや物事の考え方が異なることがあります。

性格の良い上司、相性の良い上司なら問題ありませんが
ヒステリックな場合には対処法を身につけておく必要があるでしょう。

まず基本的なことですが、女上司だからと言って軽んじてはいけないという点です。
公私混同しない、挨拶はきちんとする、言葉遣いに気をつけるなどは基本中の基本です。


理不尽な女上司の場合

厄介なのがコチラに非がないにも関わらず、理不尽に怒るタイプの人間です。
いちゃもんとしか思えないようなヒステリックを撒き散らすのであれば
付き合い方に注意をしなければいけないでしょう。

・とにかく褒める!
ごますりにならない程度に、こまめに褒めることが大事です。
ただし男性の場合はセクハラと思われることがあるので
外見を褒めるのは避けたほうが良いでしょう。
「ありがとうございました」だけではなく「流石ですね」「勉強になりました」というように
行動について褒めるのが良いでしょう。

・細かいミスに注意!
女性は細かいところに気がつく生き物です。
誤字脱字、身だしなみ、日本語の使い方、机の上の散らかり具合などにも
気を使った方が良いでしょう。
スピード重視で細かいミスを連発するよりも、細かいミスがないように
着実な仕事をしたほうが評価される傾向にあります。
仕事をしていると上司、先輩社員、同僚など色んな人と一緒になります。
もし自分が職場でパワハラと思われるような扱いを受けたと感じたら、
どうすればいいかわかりますか?

パワハラを受けた人の実に4割以上は「何もしなかった」と回答しています。
正しく対処すればパワハラによる精神的な苦しみから解放されます。
以下が対処法となります、一人にで悩まずに参考にしてください。

・パワハラの内容を記録する
いつ、どこで、だれが、何を、何のために、どのような方法で行ったのか、
5W1Hを具体的に記録しましょう。
録音できればいいですが、難しい場合はメモでもかまいません。
何かしら記録しておくことが大事な証拠に繋がります。

何もしないと解決することは難しい


何もしなければ解決することはないと思っていいでしょう。
自分で以下のようなアクションを起こすことがパワハラ解消に繋がります。

・会社の窓口、人事担当者に相談する
上司からのパワハラの場合、その対象に相談することはできません。
そのため、会社の人事窓口や上司のさらに上の管理者に相談してみましょう。

相談することで貴方が不利になることは基本的にありません、
もし会社ぐるみで貴方に対する攻撃がある場合は、外部の相談窓口に相談します。
社内に相談窓口がない場合も、外部に相談してください。

全国の労働局、労働基準監督署などにある総合労働相談コーナーであれば、
無料で相談を受け付けていますし、電話での相談も可能です。