就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

転職だけでなく就職するとよくあるのが「試用期間」です。
一般的な試用期間は3か月~6か月程度となっており、
この期間を過ぎると正式な社員としての採用となります。

試用期間と言っても給料は正社員時と同じ金額が支払われるのが通例です。
しかも普通に働いている分には試用期間は問題なくすぎる期間です。
よほどの問題がない限りは、試用期間という名前に驚くことはありません。

もし業務が遂行できないほどのスキル不足がある場合は、
試用期間後の正式採用は見送りになることもあります。
ただそういったことは極めて稀だと言えるでしょう。
ですから、試用期間3か月と言われてもそれほど心配する必要はなく、
与えられた業務をこなすことを考えればいいのです。

転職活動時に試用期間について確認しておこう


会社によっては試用期間が6か月と長いケースがあります。
試用期間は特に注意すべきことはありませんが、それは会社で異なります。
もし試用期間中の給与体系が異なるなど、本来ありえないような
ブラックとも言える内容があるかもしれません。

転職中は報酬などに関することはあまり話をすることは避けられますが、
就職後にどのような待遇になるかは自分で調べておきましょう。
その上で気にあることがあれば、直接確認するもよしですが
転職エージェントを通じて確認してもらうこともできます。

試用期間だけに限らず、気になることがあれば何でも聞いておきましょう。
就職してから、そんなはずじゃなかったとならないように
事前に解消しておくことが重要です。

就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

中途採用で入社した人が最も陥る危険があるのは、即戦力を期待されすぎて
いきなり業務レベルの高い部分を任されることです。
「え?!こんなことできるわけない...ちょっとまってよ!」というものです。

採用する側は経験がある、ある程度の無理には耐えられる、
工夫して仕事ができるから多少レベルが高くても順応できるはず、
という期待値ばかりが先行してしまうケースが多々見られます。

中途何だから即戦力というのは間違ってはいませんが、どんなことでも
即対応できるかというとそうではありません。
しかも期待されているもんだから、できないとも言いだせずに
四苦八苦しながら頑張るんだけれど、やっぱりついていけずにリタイヤする。
これが中途採用に対する高いハードルの一つだと言えます。



中途採用の場合は面接時に深堀すべき

このような中途採用に対する無碍に高いハードルを事前に防ぐためには、
採用面接時に業務内容についてしっかりと深堀すべきでしょう。
実際に依頼される内容はどんなものなのか、自分のスキルに合ってるのか
などを明確に聞き出すことが大事です。

あれができます、これもできます、こんな経験があります。
というアピールをすることも大事ですが、企業側が勝手に推測して
こんなにスキルがあるなら想定している仕事も即戦力で大丈夫だろうな、
という憶測で採用を決めることがあります。

これは採用する側に大きな問題がありますが、採用される側としても
採用後の理不尽な要求を回避するためにも、問題のない範囲で具体的に
内容を確認しておくべきでしょう。