就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

社長兼従業員という個人事業主は結構な事業所で見られます。
一人で何もかも手配するのは孤独との戦いとモチベーションの維持が大変です。
自分がやらなければ収入になりませんし、他の誰かがやってくれるわけではなく
しかも信用が重要なので信用を失うような経営をしているとたちまち破綻してしまいます。

人間ですから常に全力というわけにはいきません。
逆に常に全力で仕事が出来る人は事業経営には向いていないかもしれません。
一人で出発したからには自分で責任をとる必要に迫られるので、気が抜けないのは当然ですが
常に張りつめていると倒れてしまいます。
適度に気を散らしながらも、要所をしっかりと押さえることが重要です。

自分がやれば収入になるんだから効率よくやれば楽になる。
というのは外野から見ていればそうだと思いますし、それは正論です。
しかし効率化といっても限界があります。
「嫌なら辞めればいいじゃん」というのは極論であり暴論です。
個人で事業を立ち上げて経営している人は常に孤独と闘いながら、どうすればもっと
効率よく収入に結び付けられるかを必死になって考えています。
メンタルが弱い人には出来ないことです、だからこそモチベーションを維持できるように
日々工夫しているわけです。

起業していると言えば、聞こえは良いですか楽なことばかりではないのです。
自分のペースで仕事が出来る=全部自分でやらないといけない、ということですから
思っている以上に難しいものです。
かといって、誰かを雇えるほどの経済的な余裕がないのも事実です。
低賃金で作業を代行してくれる外注を見つけるなどして工夫するしかありません。

就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

現場男子の写真集がかっこいい!

日本の社会を根底から支えている現場で働く人たち。
様々な職業があるなかで表舞台に出てこない人たちが圧倒的多数です。
そういった人たちが日本を支えているというプライドを持って
働いていることを普段私たちは意識していません。
何気なく使っている電化製品や身の回りのある道具、見えない場所を
形作っている部品や機械なども現場で働く人たちのおかげです。

電車がスムーズに時間通りにやってくるのも、スイッチを押せば
電気がつくのも、蛇口をひねれば水が出てくるのも全て仕事人たちが
見えないところで頑張っているからです。
一つでもミスがあると何となくうまくいかないのはそのためです。

そういった現場男子にフォーカスを当てた現場男子の写真集が発売されています。
仕事中の一場面を切り取った写真ですが、これがカッコいい!
仕事は楽しいものではありませんが、生きていくためには働く必要があります。
そんな仕事でもやりがいやプライドを持って日々頑張っているわけです。
そんな仕事の一面を写真集という形で改めてみてみると、働く人のすごさが見えてきますね。
簡単なこと、難しいことを当たり前のようにこなすことが、働く上で重要になります。

そんな現場男子の写真集を見ると、父親や夫、彼氏などを見直すことにもなりそうです。
当然、男子だけでなく女子も現場では同じように働いています。
今後は現場女子なんていう写真集が出てもおかしくはないでしょう。
誰であれ、何かを真剣にやっている人というのはカッコいいものです!