就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

30代、40代となってから転職すると、場合によっては自分よりも
年下が上司なんてことはザラにあることです。
年下に敬語を使い、歳下からタメ口をきかれることは何となくですが、
モヤっとすることもあるでしょう。

しかし年功序列が崩れた日本においては当たり前のこととして、
受け入れるしかありません。
そもそも、上司は自分よりも年上であるべきという考えが間違っています。

年下でも有能な人はいますし、年上でも無能な人はいます。
年齢だけで判断する時代は終わりました。
しかも転職しているということは、自分で選択した結果のことなので
そこで上司が年下だからとモヤモヤしていても何も生まれません。
上司が年下だと仕事ができないなら、辞めたほうが良いでしょう。


古い考えは捨て去るしかない


学生時代であれば年齢が1つ違えば先輩となり、それだけで偉そうにできました。
20代前半は働き始めても先輩社員はそんな感じかもしれないです。
しかし30代、40代と年齢を重ねて行けば、自然に能力のある人は
若くして出世していくものです。

逆に能力が秀でていなければ、年齢を重ねても出世することは無いでしょう。
年下が上司になるというのはそういうことです。
そこで悔しいという感情を持つことは間違っていませんが、
年下が上司だからと腐るのは間違っています。

悔しいなら自分が出世して上司になればいいだけのことです。
年功序列、年上が偉いという古い考えは捨て去るしかありません。
そういった考えでいることは、いい仕事ができないことに繋がるからです。

就職活動に長期戦は不利!やるなら短期決戦で!

転職活動は長期戦になればなるほど、不利になっていきます。 ですから、出来る限り短期決戦を目指しましょう。 のんびりとしていたのでは、採用する側もそれを見抜きますので さらに遅れを取ることになります。



できれば、転職の終了は3ヵ月後をターゲットにしましょう。 3ヶ月というのは長いような短いような期間ですが、 実際に活動をし始めると3ヶ月はあっという間であることが実感できます。



しかし、逆に言えば3ヶ月で決まらない人は半年やっても決まらない ましてや1年やっても決まるわけが無いと言われています。 中には1年以上の長期にわたる活動で就職する人もいますが、 それは一握りの人であり通常は3ヶ月程度で就職を決めているのです。 最初から3ヶ月というスパンで何が出来るか、何をしなければならないかを 出来る限り明確にし対処しましょう。



最初に就職活動のゴールを設定する

就職活動で一番大事なのがゴール設定です。 ほとんどの人は一日でも早く就職したいと考えていたり、 雇用保険を長く受給できる人はそもそも目標設定すらしない人もいるでしょう。



しかし、それでは厳しい就職活動を生き抜くことは出来ません。 なぜならば就職は時間との戦いだからです。 今日すべきこと、明日するべきこと今週、今月と言う形でやるべきことは 山積みになっているのです。



それらを具体的にスケジュールせずに就職活動を勝ち抜こうというのは、 何の準備もせずに登山するのと同じことで無謀なのです。 今日は何をする、結果はどうだった。だから明日の予定はこっちに変更しよう。 という緻密な進め方が必要になるのです。 最低限、いつまでにどれだけのことをするというゴール設定は必ず行いましょう。



応募書類を軽く見てはいけない

中高年の就職活動で多いのが応募書類を軽く見る傾向があることです。 これは根底に応募書類などではたいしたことは伝わらない、全ては面接である という考え方があるからです。



しかしこの考え方は完全に間違っています。 20代の就職活動ではないのです、相手は真剣に選考しているということを 忘れてはいけません。 そして、選考には時間を使っているということで無駄な時間は避けないのです だからこそ、書類選考で落とせる人は落としてしまうのです。 面接でまず最初に見られるのはコミュニケーション能力です。逆に言えば提出書類でコミュニケーション能力が低いと判断されればあなたに面接の道は開かれません。職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールすることを忘れないようにしましょう。



それだけ重要な書類ですから、それを軽んじてしまう応募者は 就職など簡単に叶うわけはありません。 この点は最初の段階で指摘され、認識の甘さを痛感するのです。 自分が中高年であり世間的に置かれた立場が厳しいということを 余り自覚していないのが最大の原因と言えるでしょう。

正社員として就職したいと考えているフリーターの中には、
「正社員になれるならどんな会社でもいい!」という考えで就活している人がいます。
確かに正社員になるという目標を達成するためなら、会社を選んでいては
フリーターにとって厳しいのはわかりますし、気持ちは理解できます。

しかしどんな会社でも就職できさえすればいい、というのはオススメできません。
理由はロクな結果にならないのはわかりきっているからです。
本来「どんな会社でもいい」わけはありません、ブラック企業に入社してしまったり
自分に適正のない職種だと長続きするわけがありません。

本来、正社員になるのはその先の【やりたいこと】【やるべきこと】が目標であり、
正社員になるのは目的です。しかし正社員になることを目標にするのは間違っています。


どんな会社でもいいというのは、「自分に合っていれば」という言葉が隠れている


本当にどんな会社でも正社員になれればいいのでしょうか?
そんなはずはありません。
自分に合ってない会社や、適性のない仕事についても長続きしませんし
働くことがストレスになってしまうだけです。

どんな会社でもいいという言葉の裏には、「自分に合っていれば」という
言葉が隠れていることを肝に銘じてください。
自分に合っていない会社に入社することほど、愚の骨頂はありません。

フリーターから抜け出したいという思いが強くなればなるほど、
この罠に陥りがちなので注意が必要でしょう。
手段と目的がごっちゃごちゃになると、ロクな結果にならないのは
就職活動だけでなくどんなことにも言えることです。

本当にその会社に応募すべきなのかをしっかりと吟味してください。
正社員ならどこでもという考えが、トラブルを多数抱えていることを
認識しましょう。