2015年4月アーカイブ

すぐに退職した会社も履歴書に記載する必要があるのか?
これは割りとよくある質問です。

就職したものの、色々な理由ですぐに辞めてしまった。
働いていた期間が短いと、採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?と
採用担当者に懸念されてしまうのではないか。

これ、当たっています。
採用にはお金が掛かります。
採用担当者が書類を審査し、面接をする。
その準備にも時間も手間もお金も掛かります。
採用にはコストがかかるんです。

にも関わらず、せっかく採用した職員がすぐに大した理由でもないのに辞められてしまったら
採用担当者の見る目がないといわれてしまいますし
掛かったコストは会社の損失になります。
業務にも遅れが発生するかもしれません。

ですから、採用した以上は長く勤めて、会社で活躍してほしいというのは
採用担当者の本音です。

直前に勤めていた会社は年金の手続などでバレてしまうかもしれません。
しかし一つ前の会社になると分からないものです。
短期間でやめた会社はわざわざ書いて懸念材料を増やす必要はないでしょう。
ただし、繰り返さないように、企業研究などはしっかり行うようにしてください。
短期間でやめるのは会社にも大きな迷惑をかけますから。