2015年5月アーカイブ

自己紹介とか自己PRが苦手な人

面接で必ず発言を促されることがあります。
それは自己紹介と自己PRです。
自己PRを兼ねた自己紹介をお願いしますという感じで聞かれますが、
この自己紹介や自己PRが苦手だという人は沢山います。
では、何が苦手なのかをおさらいすれば問題は解決しやすくなります。

・何を言えば良いのか分からない
→自己紹介や自己PRは自慢話ではありません、あなたがどのような人物で
どのようなことに興味を持ち、どのような学生生活を送ってきたのかを
完結に相手に伝えることです。
自己PRは自分の得意な面などをアピールすることであり、作り話をする必要はありません。
人にはいいところが必ず存在しますので、それを元にストーリーを考えましょう。

・PRできるような実績がない
→自己PRというのは何かの実績を自慢することではありませんので、
自分が考えていることや普段何気なく思っていることなどでもよいので、
それを上手く話にまとめて相手に伝えるようにしましょう。
マイナス面しかないなんてことはありません。
マイナス面が多くても、裏を返せばプラス面も出てくるものです。

この自己紹介と自己PRを相手に上手く伝えられない場合、
本来もっているあなたの良い部分が伝わりきらない可能性があります。
面接では誰でも緊張するものです、緊張しない方が少ないといえます。
ですから、緊張しつつもしっかりと相手に伝えることが重要です。
言葉に詰ること=自己紹介が下手という勘違いをする人がいますが、
そうではありません。