退職したいのに辞めさせてもらえない場合の対処法

会社を辞めるというのは非常にパワーがいります。
辞めたい理由は様々でしょうが、辞めると会社にいっても
辞めさせてくれないケースもあります。
しかし、労働者には会社を辞める権利がありますので、
引き止めなどをされたとしても辞めることは出来ます。

とはいっても今やめられても困ると会社に引き止められると、
人によってはどうしたらいいかわからずにズルズルと
在籍することもあるでしょう。
そんな人のために、辞めさせてもらえない場合の対処法を教えます。

まず、退職するために必要なことは退職する意思を書面で通知することです。
方法は退職願と退職届の二種類があります。
退職願は撤回することもできますし、提出したとしても辞める時期は
法的拘束力は発生しません。
いわゆる、辞めたいんですけど?っていうお知らせみたいなものです。
それで会社側が拒絶してきた場合は、退職届を提出しましょう。
退職届は提出し受理されると撤回することは出来ず、
受理されてから2週間後には退職が成立する法的拘束力があります。
ですから、会社側は退職願は受け取ったとしても退職届は受け取ってくれない
ことが多くあります。
そのような場合は内容証明郵便などで送付しましょう。
必ず受け取ることになります。
受理されれば2週間経過で退職となります。

繰り返しになりますが労働者には退職する権利が保障されています。
ですから、会社が「今やめられては困る」といわれても、
上記の手続きを経ることで法的に辞めることが出来ます。